【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

メチオニンとは

メチオニンは体内合成が出来ないため摂取して取り込む必要がある必須アミノ酸の一つです。メチオニンは肝臓の機能を向上させてくれるのですが、お酒をよく飲む方はこのメチオニンが消費されやすいので注意しましょう。

 

メチオニンの効果

抗アレルギー作用

アレルギー反応は外部からの刺激によって体内のヒスタミンが過剰に分泌されることで起こるものですが、メチオニンにはこのヒスタミンの分泌を抑える働きがあります。メチオニンを摂取することによって様々なアレルギー症状への対策となります。

 

肝臓を健康にする

メチオニンは肝臓の老廃物や毒素を排出する働きもあります。これにより代謝が良くなるので血中のコレステロールを燃焼し、脂肪が肝臓に蓄積されるのを防いでくれます。この働きによって生活習慣病の予防にも繋がります。

 

更年期にはホルモンバランスの崩れから自律神経が乱れ、様々な症状を引き起こします。メチオニンを摂取することで血中のコレステロールが減るので血流がスムーズになり、冷えやむくみなどの更年期症状の緩和が見込めます。

 

うつ症状の改善

メチオニンは神経伝達に必要な脳内物質の材料となっているため、摂取することでうつ症状の改善や記憶力向上やボケ防止など脳の活性化が期待できます。

 

毛髪や爪を丈夫にする

毛髪や爪はタンパク質で出来ていてメチオニンはその一部として存在しますが、
メチオニンを利用して作られた毛髪や爪は丈夫になります。メチオニンが不足すると強度が足りず、切れたり割れたりしやすくなってしまいます。

 

 

メチオニンを含む食品

メチオニンは肉類や乳製品、大豆やカツオ、マグロなど多くの食品に含まれています。通常の食事であれば不足することは無いと思いますが、ダイエット等で食事そのものを制限してしまうと不足する恐れがあります。

 

 

メチオニンの1日の摂取量

メチオニンはシステインという成分の原料となっていますが、そのシステインとメチオニンの1日の摂取目安量は体重1kgあたり15mgです。例えば体重60kgであれば900mgが目安となります。早く効果を得たいからと過剰に摂取してしまうと吐き気や腹痛などの副作用が起きることがあります。