【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

マグネシウムとは

マグネシウムはミネラルの仲間です。ミネラルは体内で生産することができず、貯めても置けないので小まめに摂取することが大事になってきます。特に更年期にはミネラルが必要になるのに対し、冷えや血行不良から胃腸の働きが弱まることで吸収力が落ちてしまい、ミネラルをなかなかうまく取り込めないことがあります。

 

 

マグネシウムの効果

骨や歯の強化

マグネシウムはカルシウムの吸収をよくする働きがあります。女性ホルモンのエストロゲンは骨を丈夫にする働きをしていますが、更年期になるとエストロゲンの分泌量が急激に減ってしまうことから、骨が脆くなってしまいます。カルシウムと共にマグネシウムを摂取することで骨の強度を取り戻すことが期待できます。

 

神経を沈静化

更年期にはホルモンバランスの崩れから自律神経が乱れることによって、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えがうまく出来なくなります。活動時には交感神経を優位にし、休息時には副交感神経を優位にするのが通常の状態です。例えば眠ろうとしているのに交感神経が優位のままだと脳が活動状態のままなのでなかなか寝付けないということになります。

 

マグネシウムには神経を沈静化させる働きがあるので落ち着いた気持ちになれ、リラックスすることでストレスの解消にもつながります。

 

高血圧を予防

骨を丈夫にしたいからとカルシウムを取りすぎてしまうと、カルシウムやナトリウムには血管を収縮させ血圧を上昇させる働きがあるため高血圧の原因となってしまいます。マグネシウムは血管を広げ血圧を下げる働きがあるため、高血圧の予防・改善が望めます。