【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

更年期障害とは

更年期とは閉経の前後5年間、計10年間のことを指します。閉経前後のこの時期にはホルモンバランスが乱れるようになり、これによって身体に様々な不調をきたすようになるのを更年期障害と呼びます。

 

また、過大なストレスなどによってそれらの症状がより深刻となるケースもあります。ストレスを回避するあるいは解消する手段があれば上手に付き合っていくことが出来るでしょう。

 

女性なら誰でも訪れる更年期。その性質や症状、原因や対処を知ってうまく乗り越えられるようにしましょう。

 

 

更年期障害の初期症状

「急に汗をかくようになった」「イライラしやすい」「よく眠れない」「気だるい感じがする」などが更年期障害の初期症状として挙げられます。身体の不調だけでなく精神が不安定になりちょっとしたことで落ち込んだり、怒りやすくなったりしますがそれをなかなかコントロールできず、ストレスになることもあります。

 

 

原因と症状一覧

更年期の時期に差し掛かると卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ってしまいます。脳が必要に応じてこのエストロゲンを分泌するように刺激ホルモンを出して卵巣に指令を出しますが、卵巣の機能低下によって分泌できずさらに脳から刺激ホルモンが送られてくるという悪循環によってホルモンバランスが崩れることになります。

 

症状

ほてり・のぼせ・発汗(ホットフラッシュ)
冷え・むくみ
動悸・息切れ
落ち込み・うつ状態・不安感
イライラ
頭痛・めまい・立ちくらみ
倦怠感・無気力
不眠(入眠障害・中途覚醒)
肩こり・腰痛・関節痛
生理不順・不正出血 など

 

更年期障害の症状は不快感を与えるものも多く、それ自身がストレスとなって症状を悪化させてしまうこともあります。

 

 

若年性更年期障害

近年では20代、30代など、平均の閉経年齢より早い時期に更年期障害の症状が出るケースがあります。これを若年性更年期障害と言います。

 

若年性更年期障害は過度のダイエットやストレス、喫煙や生活習慣の乱れによって女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまうことで、更年期障害の症状が現れるようになります。

 

 

男性の更年期障害

更年期障害は閉経に関連性が高いことから女性特有のものと思われていましたが、実は男性にも更年期障害の症状が出ることがあります。

 

男性ホルモン(テストステロン)は20代から30代をピークに加齢に伴って減少していきます。この男性ホルモンの減少が男性に起こる更年期障害の原因だと言われています。

 

また、ストレスによってもテストステロンは減少していきます。ストレスを回避または、趣味や適度な運動などでストレスを発散することでテストステロンの減少を抑えることが出来るでしょう。

 

 

40代の主な更年期障害

40代ではこれから閉経を迎える方も多くなってきます。それに伴い更年期に突入していくことになりますが、更年期障害の症状も現れ始めると思います。「何となく気だるい」「イライラしやすい」「身体にほてりを感じる」など違和感を自覚出来るようになってきたら更年期障害の前触れです。

 

 

50代の主な更年期障害

50代では閉経間近、あるいはもう終えている方もいると思います。つまり更年期の真っ最中なので、身体の不調や精神の不安定さがピークに達し、辛さを感じている方も多いはずです。「肩こりや腰痛がひどい」「動悸や息切れが激しい」「何もやる気が出ない」「辛いけど周りに理解してもらえない」など、症状によってストレスが生まれ、さらに症状を重くしてしまうという悪循環も起こってきます。更年期の期間が終わりに近づくと症状が次第に軽くなってくるようになります。

 

 

更年期障害の対策

個人差はありますが更年期障害は年齢を重ねていくことで徐々に症状を感じるようになってくるものです。症状が軽い場合は自分で出来る対策を打って様子を見るのもよいでしょう。

 

生活習慣の改善

睡眠不足、偏食やダイエットによる栄養不足が続くと自律神経が乱れ、更年期障害の症状が悪化する恐れがあります。規則正しい生活を心がけ、栄養バランスにも気を配るのがよいでしょう。また、アーモンドやひまわり油などに多く含まれるビタミンEはホルモンバランスを整える働きがあるので、積極的に摂取することで症状の軽減を期待できます。

 

ストレス対策

仕事や家事、人間関係などでストレスを抱えている方も多いと思います。ストレスによって更年期障害の症状が悪化することもあるので、可能であればストレスを回避する、回避できなければストレスを発散する方法を見つけておくとよいでしょう。予め周囲に更年期障害であることを説明し、理解を得ておくのも一つの手です。

 

サプリや漢方を利用する

市販されているサプリや漢方を利用することで、病院には行かずとも症状を軽減できることもあります。自分に合ったものを見つけて症状の軽減を実感出来れば、通院をする手間もありませんし、手軽に利用することが出来るので試してみるのもよいでしょう。

 

医師に相談する

特定の症状が辛く、日常生活に支障が出るようであれば我慢せず医師に相談しましょう。初めのうちは通院や検査が億劫になる方もいると思いますが、あなたの症状にあったお薬や改善法のアドバイスをしてくれるでしょう。