【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

動かすと押さえたくなる痛み

「洗濯物を干すと肩が痛い」「以前より腰の痛みが増えた」「階段の上り下りが膝にくる」など、更年期に差し掛かると年齢的にも色々と体に不調が出てくるようになります。肩こり・腰痛・関節痛は更年期障害の症状として上がりますが、加齢による影響も少なからずあると思います。痛みもなくスムーズに物事をこなせる様な健康的な体でありたいですね。

 

 

肩こり・腰痛・関節痛の原因

更年期になるとエストロゲン不足によってホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れてしまいます。これにより交感神経と副交感神経のコントロールがうまくいかず、片方が優位な状態が長く続いてしまいます。交感神経の優位な状態が続くと、血管が収縮して血流が悪くなり肩や腰や関節周辺の筋肉が凝り固まってしまい、動かそうとすると痛みが出るようになります。

 

更年期に入るとストレス耐性が下がり冷えやすくもなるので、更に筋肉のこりがより顕著になることもあります。

 

また肩こり・腰痛・関節痛は一概に更年期のせいとも言いづらく、加齢による筋力の低下や血行不良、軟骨のすり減りが原因の場合もあります。

 

 

肩こり・腰痛・関節痛の対策・改善

更年期に関わらず肩こり・腰痛・関節痛は起こります。症状が出始めだったり、軽めのものであれば自分で解決できるかもしれません。まずは自分で出来る対策をしてみて、それでもダメなら医療機関で診察を受けましょう。

 

患部を温める

血行が悪く筋肉が凝り固まってしまっている場合は、お風呂に入ったりカイロを当てたりと患部を温めることで筋肉がほぐれ、症状が緩和されることがあります。しかしこれは根本的な解決ではなく一時的な処置です。日頃から血流が悪くならないような対策が望ましいですね。

 

ストレッチやマッサージをする

デスクワークなどで座りっぱなしだったり、無駄に肩の力が入ってる姿勢だと筋肉が凝り固まってしまいます。定期的に立ち上がったり、肩を動かすなど筋肉を動かすことで痛みが出る前に対処できます。仕事でパソコンを使う方は眼精疲労から肩こりに繋がることも少なくありません。

 

サプリメントを利用する

・大豆イソフラボンとエクオール
納豆や豆乳など大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンは更年期障害に効果的だと言われています。エクオールは大豆イソフラボンから作られるものですが、どちらもエストロゲンに似た作用を持っていて、体内の減ってしまったエストロゲンの代わりをしてくれるためだそうです。ただ、大豆イソフラボンは摂取量に制限があり、1日70〜75mgまでとされています。

 

ビタミンE

ビタミンEには血の流れを良くする働きがあるので、進んで摂取するようにしましょう。またビタミンEは油に溶け、吸収も良くなるので炒め物などもおすすめです。

 

クエン酸

筋肉疲労からくる痛みにはクエン酸がよいでしょう。クエン酸は疲労回復に役立ち、筋肉疲労によって出来た乳酸を再度エネルギーに変えてくれます。レモンや梅干しなどに多く含まれており、熱に強いため加熱調理して摂取することが出来ます。

 

サポニン

サポニンには血管を広げ血流の改善効果があります。また血栓ができるのを防ぐ働きもあるので動脈硬化予防にも良いようです。サポニンは高麗人参に含まれていることで知られていますが、田七人参はより多くのサポニンを含んでいるようです。またこのような人参に含まれているサポニンをジンセノサイドと呼びます。

 

生姜

生姜に含まれるジンゲロールという成分には血管を拡張させる作用があるので、凝り固まった筋肉をほぐし痛みの解消が期待できます。

 

漢方薬を利用する

漢方薬を利用することで症状を軽減できるかもしれません。漢方は「気・水・血」の3つから不調を探し出し、その不調を改善することで症状の回復を図っています。ただし漢方薬はこの症状にはコレといった定番のようなものもありますが、個人によって効能の差が表れるので、自分に合ったものを地道に探していくしかないようです。

 

HRT(ホルモン補充療法)を利用する

HRTで肩こり・腰痛・関節痛の原因となっているエストロゲン不足を解消するという方法もあります。ただし、医師の診断の元でしか利用出来ませんし、乳がんのリスクや通院の必要を考えると最終手段としての利用が望ましいと思います。