【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

カリウムとは

カリウムは3番目に体内に多く存在するミネラルの一種で、ほとんどが細胞内に存在しています。カリウムは体内への吸収が悪く、摂取しても汗や尿と一緒にすぐに排出されてしまうため、不足しがちなミネラルです。また水に溶けやすく熱に弱いので調理や下準備の段階で食品から失われてしまうことが多いのも特徴です。

 

カリウムはナトリウムと共に浸透圧の調整を担っています。浸透圧とは濃度を薄めるために低いほうから高い方へ水分が移動する働きのことです。カリウムは細胞内、ナトリウムは細胞外の浸透圧を調節しています。

 

 

カリウムの効果

疲労感の解消

夏バテはカリウムかビタミンB1が不足している可能性が高いです。夏場の暑さで汗を良くかくと思いますが、カリウムは汗と一緒に流れ出てしまうので体内に不足しがちになります。そしてカリウムは筋肉の収縮に関わる成分なので不足することで疲れを感じたり、食欲が無くなったりします。

 

更年期にはホットフラッシュによって大量の汗をかくことがあり、カリウムを失うことで倦怠感や疲労感を感じやすくなってしまいます。

 

カリウムは摂取しやすい成分ですが、失いやすい成分でもあるので意識的に摂取するようにしましょう。

 

高血圧の予防

カリウムとナトリウムは共に浸透圧の調整をして一定に保ち、正常な血圧を維持しています。カリウムが不足、あるいは塩分の多い食事などでナトリウムが増えすぎてしまうとこのバランスが崩れてしまいます。体はそれに応じて血中のナトリウムを薄めようと体液を血管に流し込むため、血圧が上がってしまうのです。

 

 

体内のナトリウム量の調節

カリウムは増えすぎたナトリウムを除去する働きを持っています。ナトリウムを尿中に混ぜ排出する際にカリウムも一緒に排出されてしまいます。血中のナトリウムが減ったことにより血圧が下がって安定するのですが、今度はカリウムが足りない状態になってしまうので、塩分を取りすぎに注意しましょう。