【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

20代30代の更年期障害

更年期とは閉経の前後5年、計10年を指します。日本人女性の平均閉経年齢は50歳と言われているので45歳〜55歳の時期を更年期と呼んでいます。

 

そしてこの時期になると閉経に向けて女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に鈍くなります。これによりホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れることによってさまざまな症状を引き起こします。

 

しかし、最近では閉経にはまだほど遠い20代や30代の若い方にも更年期障害に似た症状訴える方がいます。これを「若年性更年期障害」と呼びます。

 

 

若年性更年期障害の原因

まだ閉経の時期ではないのに更年期障害の症状が出ている方は、何らかの理由によって女性ホルモンが不安定になり若年性更年期障害となるようです。

 

過激なダイエットや不規則な生活、過度なストレスや栄養の偏った食事などが若年性更年期障害の原因になっています。

 

 

若年性更年期障害の対策・改善

若年性更年期障害の場合は更年期障害と違って本来の卵巣の機能を取り戻すことが出来るはずです。若年性更年期障害かな?と思ったら、まずは自分で出来ることから始めてみましょう。もし気になるようなら病院で血液検査をすることで若年性更年期障害かどうかを診断してくれます。

 

過激なダイエットをやめる

20代や30代というとスタイルを気にする方も多いと思います。確かに見た目を良くすることも大事かもしれませんが、体調が崩れるということは身体にとっては良くない事です。かといって太りすぎも良くありません。標準体重を大幅に上回っていると若年性更年期障害だけでなく他に様々な病気の引き金になりかねません。栄養とカロリーを適切にコントロールし、適度な運動で健康的な身体を手に入れましょう。

 

生活習慣や食生活を見直す

夜更かしをして睡眠不足だったり、頻繁にコンビニやファーストフードで食事を済ませていませんか?生活リズムの乱れや偏った栄養を取っていると一時的に卵巣の機能低下し、若年性更年期障害の原因となってしまいます。正しい生活リズムや栄養バランスのとれた食事を心がけることで自律神経が整うようになり、若年性更年期障害の症状も改善が期待できます。

 

ストレスを溜めない

仕事や家事、育児や人間関係などストレス要因はたくさんあります。真面目でキッチリとした性格の方ほどストレスは溜まりやすい傾向にあります。かといってそのストレス要因自体を排除するのはなかなか難しいですよね。なので自分なりのストレス解消法を身に着けるようにしましょう。アロマやお香でリラックスしてみたり、ウォーキングを始めてみたり、趣味に没頭できる時間を作ったりとストレスを発散できる環境づくりをしてみましょう。

 

サプリメントを利用する
イソフラボンとエクオール

納豆や豆乳など大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンは更年期障害に効果的だと言われていますが、若年性更年期障害にも有効です。エクオールは大豆イソフラボンから作られるものですが、どちらもエストロゲンに似た作用を持っていて、体内の減ってしまったエストロゲンの代わりをしてくれるためだそうです。ただ、大豆イソフラボンは摂取量に制限があり、1日70〜75mgまでとされています。

 

ビタミンEと亜鉛

ビタミンEと亜鉛は共にホルモンの分泌を調整する働きがあります。ビタミンEは油や魚卵に多く、亜鉛は牡蠣やレバーに豊富に含まれています。

 

ビタミンC

ビタミンCは抗ストレス作用があります。その他にも免疫力の向上や美肌効果など嬉しい効果があるので積極的にとっていきましょう。ちなみにタバコを吸う方は吸わない方に比べて2倍のビタミンC摂取が必要です。

 

漢方を利用する

漢方薬を利用することで症状を軽減できるかもしれません。漢方は「気・水・血」の3つから不調を探し出し、その不調を改善することで症状の回復を図っています。ただし漢方薬はこの症状にはコレといった定番のようなものもありますが、個人によって効能の差が表れるので、自分に合ったものを地道に探していくしかないようです。