【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

イノシトールとは

イノシトールはビタミンB8として以前はビタミンB群に属していました。しかし多くの食材から摂取でき、体内で合成が可能なためビタミン様物質として扱われるようになりました。また、栄養強化剤の食品添加物として利用が認められています。

 

主に脂肪に対して効果を発揮しますが、脂肪の多い食事、お酒をよく飲む、コーヒーをよく飲むといった方は体内のイノシトールが不足しがちになるので意識的に摂取することを心がけましょう。

 

 

イノシトールの効果

生活習慣病の予防・改善

イノシトールは肝臓に余分な脂肪を蓄積させないよう働いてくれるので脂肪肝の予防になります。このことからイノシトールは「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれています。また、脂肪の代謝を促進させたり、血中のコレステロールを減らす働きもあるので、肥満や動脈硬化の予防にもなります。

 

神経機能の正常化

イノシトールは神経細胞に栄養を供給するために必要な成分です。イノシトールを摂取することで神経細胞が正常に機能するようになります。頭皮の健康状態も神経細胞が重要になってくるので、イノシトールによって神経細胞を活性化させることで発毛や育毛を促進し、髪を健康に保つ効果もあるとされています。

 

また、更年期にはホルモンバランスの崩れから自律神経が乱れることで、様々な症状が現れるようになりますが、イノシトールによって神経を正常化することで症状の緩和が期待できます。

 

 

イノシトールを含む食品

イノシトールは果物、豆類、キャベツやトマト、サツマイモなどに多く含まれています。イノシトールは水に溶け出しやすいので調理の際の汁も料理に使うことで無駄なく摂取することが出来ます。

 

イノシトールは水溶性なので余ったものは尿として排出されるため、過剰摂取にはなりにくいでしょう。