【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

更年期は冷えやむくみが悪化する?

更年期障害でホットフラッシュと共に起こりやすいのが冷えやむくみです。上半身は火照って暑いのに対し、下半身は冷えてしまう「冷えのぼせ」を感じる方もいるようです。元々冷え性なのに更年期でさらにひどくなったなんてこともあります。身体が冷えると血流が悪くなってむくみが出るようになったり、免疫力が低下して病気にもかかりやすくなってしまうので、健康のためにも対策しておきたいですね。

 

 

冷えやむくみの原因

冷えやむくみの原因はいくつか考えられます。

 

冷えの原因

冷えの原因の一つは更年期に入って身体の末端や腰が前より冷えやすくなりますが、これはホルモンバランスの崩れによる自律神経の乱れが原因です。血管の収縮や拡張がうまく働かず体温調節がうまくできなくなることで冷えになってしまうのです。ここにストレスが加わることで更に冷えやすくなってしまいます。

 

二つ目は体内の水分不足。ホットフラッシュで突然の火照りと大量の発汗をすると思います。大量の発汗によって失われた水分を補給せずにそのままにすると血液中の水分量が減ってしまい、ドロドロとした血になってしまいます。これにより血行不良が起きるので冷えに繋がります。

 

むくみの原因

むくみの原因としては身体の冷えと水分不足からくる血行不良が主な原因です。心臓は水分や栄養を血液に乗せ、動脈を通して全身へ運んでくれます。各細胞は運ばれてきた水分や栄養を消費し、不要となったものは静脈やリンパ管に戻してまた体内を流れていくようになりますが、この静脈やリンパ管に戻した不要になった水分が正常に流れて行かないことによってむくみが発生します。

 

血液の流れは心臓のポンプ作用によって行われていますが、リンパ管はふくらはぎの筋肉を動かすことで流れるようになっています。デスクワークや家事で立ちっぱなし座りっぱなしの状態、つまりふくらはぎの筋肉を動かさない状態が続くとリンパは流れずに留まってしまいます。また日頃の運動不足によってふくらはぎの筋肉そのものが衰えてしまっている場合もあります。

 

 

冷え・むくみの対策・改善

水分を適度に補給する

夏場の暑さやホットフラッシュによる大量の発汗に対しての水分補給は言わずもがな。夏場でもクーラーの効いた部屋や冬場の寒さなどでどうしても水分を取らなくなりがちです。また、女性は便意をもよおすことを避けたいため水分をあえて取らない方もいると思いますが、身体にはよくありません。適度な水分を取ることで血流をスムーズにし冷えやむくみを改善できる可能性があります。

 

運動をする

軽い運動をすることによって全身の血行が促進され、隅々まで血液が行き届くようになります。ウォーキングやジョギングならふくらはぎの筋肉を動かすのでリンパの流れもよくなりむくみの解消に繋がります。

 

また運動によって筋力がつくことで身体の基礎代謝が上がり熱が生まれやすくなります。

 

サプリメントを利用する
大豆イソフラボンとエクオール

納豆や豆乳など大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンは更年期障害に効果的だと言われています。エクオールは大豆イソフラボンから作られるものですが、どちらもエストロゲンに似た作用を持っていて、体内の減ってしまったエストロゲンの代わりをしてくれるためだそうです。ただ、大豆イソフラボンは摂取量に制限があり、1日70〜75mgまでとされています。

 

サポニン

サポニンには血管を広げ血流の改善効果があります。また血栓ができるのを防ぐ働きもあるので動脈硬化予防にも良いようです。サポニンは高麗人参に含まれていることで知られていますが、田七人参はより多くのサポニンを含んでいるようです。またこのような人参に含まれているサポニンをジンセノサイドと呼びます。

 

生姜

生姜に含まれるジンゲロールという成分には血管を拡張させる作用があるので、指先などの身体の末端まで血流が届くようになることで冷えの改善が期待できます。

 

DHA&EPA

青魚に含まれていることで有名なDHAとEPAですが、この2つには血液をサラサラにする働きがあるんです。これによりめぐりが良くなるので冷えが治まるということです。

 

ビタミンE

血中のコレステロールが血栓となるのを防いでくれるので、血がスムーズに流れやすくなります。

 

漢方を利用する

漢方薬を利用することで症状を軽減できるかもしれません。漢方は「気・水・血」の3つから不調を探し出し、その不調を改善することで症状の回復を図っています。ただし漢方薬はこの症状にはコレといった定番のようなものもありますが、個人によって効能の差が表れるので、自分に合ったものを地道に探していくしかないようです。

 

HRT(ホルモン補充療法)を利用する

更年期に冷えやむくみはエストロゲンが不足することによってホルモンバランスが崩れるのが主な原因です。HRTを利用することで解消出来るかもしれませんが、医師の診断の元でしか利用出来ませんし、乳がんのリスクや通院の必要を考えると最終手段としての利用が望ましいと思います。