【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

DHAとEPAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(イコサペンタエン酸)は魚に含まれる不飽和脂肪酸でオメガ3に分類されています。青魚に含まれることでよく知られていると思います。オメガ3とオメガ6の脂肪酸は体内で作ることが出来ないので摂取して取り入れることが必要な必須脂肪酸です。現代の日本では肉食中心の食事が増え、昔に比べて魚を食す機会が減ってしまったため不足しがちな成分です。

 

 

DHAとEPAの効果

血流の改善

EPAは血小板の凝集を抑制する作用があり、血栓を作らせないようにするため血管内部がキレイになり血流がスムーズに流れるようになります。

 

また血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を除去する働きもあるので動脈硬化や肥満などの生活習慣病の予防も期待できます。

 

更年期は体が冷えやすくなっているのでEPAの血流改善効果によって血行を促進することで、冷えやむくみ、倦怠感や疲労感などを改善出来るかもしれません。

 

アレルギー症状の緩和

DHAとEPAには炎症の原因となる物質の働きを抑制するので、様々なアレルギー症状を緩和・改善する効果が見込めます。昔に比べてアレルギー症状を訴える方は増えていますが、これはストレスの増加や大気環境の悪化、オメガ6系の脂質の摂りすぎによる炎症が原因とされています。

 

脳の活動の向上

DHAは摂取すると血流に乗り、脳まで運ばれます。運び込まれたDHAは脳の細胞の働きを活性化させるため記憶力や思考力など「頭を使う」といった能力が向上します。

 

またDHAは網膜の脂肪のおよそ半分を占めていることから、摂取することで視力への良い影響も期待できます。

 

ちなみにEPAは脳の手前にある関所を通過出来ないため、脳へは送られません。

 

 

DHAとEPAを含む食品

青魚に豊富に含まれていることはよく知られていると思います。調理によって約2割ほど流れ出てしまうので、刺身などの生の状態で食べるか、煮物や缶詰などの汁も使った料理にすると無駄なくDHAとEPAを摂取出来ます。

 

 

DHAとEPAの1日の摂取量

DHAとEPAの1日の摂取目安量は1gとなっています。

 

1日3gを超えて摂取すると吐き気や下痢の症状が出るようです。サプリメントを活用している方は気を付けましょう。