【ママ友厳選!】わたし達の更年期障害サプリランキング

ビタミンBとは

ビタミンBは種類があり、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸の8種類です。ビタミンB群とよく呼ばれますがそれはビタミンBが相互に作用しあって様々な働きをしているからなんです。特定の効果が欲しいからと言って単体を摂取しても思ったような効果が得られない事もあります。そしてビタミンBは水溶性ビタミンなので余ったものは尿として排出されてしまうので毎日摂取する必要があります。

 

 

ビタミンBの効果

ビタミンBは主にエネルギーを生み出す役割を持っています。他の成分や自身以外のビタミンBをサポートするのが主な働きです。ビタミンBは更年期の体の怠さを改善したり、血流を良くすることで冷えや肩こりなどの改善に役立ちます。

 

ビタミンB1(チアミン・サイアミン・アノイリン)

ビタミンB1は炭水化物の代謝を補助し、エネルギーを生み出す働きをしています。ビタミンB1が不足するとエネルギーを効率よく生み出せなくなるので倦怠感や疲労感といった体のダルさを感じるようになります。

 

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2は炭水化物・タンパク質・脂質の代謝を補佐してエネルギーの生産を促進させる働きがあります。特に脂質の代謝に関して重要な成分です。また皮膚や粘膜の成長・維持に大切な成分なので、ビタミンB2が不足すると皮膚や粘膜の代謝が悪くなり肌荒れや傷の治りなどが遅くなります。

 

ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6はタンパク質の代謝に欠かせない成分です。タンパク質は分子が大きいので摂取して体内に取り込むにはアミノ酸に分解する必要があります。アミノ酸に分解して取り込んだ後、再度体内でタンパク質に合成するのですが、この分解と合成の際にビタミンB6が必要なのです。

 

ビタミンB12(コバラミン)

ビタミンB12は葉酸と共にヘモグロビンの生産を補助する働きを持っています。またメラトニンというホルモンで睡眠リズムがコントロールされていますが、このメラトニンの量を調節する働きがあります。更にビタミンB12はDNAの主な成分である核酸の合成を助ける働きがあります。つまり正常な神経系を保つにはビタミンB12が必要ということになります。

 

ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンは体内の酵素の働きをサポートする補酵素としてとても重要です。体内の全酵素の2割をサポートしています。糖質や脂質を分解してエネルギーを作り出していますが、アルコールを分解する働きもあるためお酒をよく飲む方はナイアシンが不足しやすい状態になっています。

 

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸は多くの食品に含まれているので不足することはなかなか無いでしょう。パントテン酸は抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの働きを促進させてくれます。このホルモンはビタミンCも関わっていますが、ビタミンCのほうが不足しやすいでしょう。

 

ビオチン(ビタミンB7)

ビオチンは糖質・タンパク質・脂質の代謝に関わりエネルギーを作り出す補酵素として働いています。皮膚や髪の毛の健康と深く関わっていて、不足すると皮膚の炎症や脱毛、白髪などの原因となります。

 

葉酸(ビタミンB9)

葉酸はビタミンB12と共にヘモグロビンの生産を補助する働きを持っています。また血中のコレステロールを減らし、血流を改善する働きもあります。葉酸は血液に関わる大事な成分ですが、水や熱に弱いため調理された食品からの摂取効率が良くありません。そのため産婦人科では妊娠中の女性は普段よりも積極的に葉酸の摂取するように勧めています。これは葉酸の摂取によって胎児の神経管閉鎖障害のリスクが下がるためです。